スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コーチング

協会のプロで天鳳十段の木原浩一さんがスカイプを使った麻雀家庭教師をするみたい。


最初に思った感想は

「安っ!」

料金は1時間当たり1500円とのことだけど、これって、適当な私立大学を出た大学生が片手間でやってる個別指導のバイトと同じくらいか下手したらそれより安いでしょ。

トッププロのコーチングを受けた効果は、想像だけど、
初級者から中級者へはとても効果的、中級者から上級者へも効果的だと思う。
ただ、上級者へのコーチングはどうなんだろうか。麻雀ってとても複雑で上級者で答えが分かれる事もしばしばだからなぁ。


ポーカーの世界になるけど、トッププロが行うマンツーマンの授業料は確か1時間数万とか数十万円の世界だったはず。
ビデオによるコーチングを行ってるサイト(ストラテジーとか)もあって、ポーカーの世界ではコーチングという考え方はとても一般的なような気がする。

なぜ麻雀とポーカーでこんなに差がでてしまったかというと、やはり規模の違い、動くお金の違いだろうなぁ。


ということで、麻雀プロがコーチングで稼げるようにするためには
「世界に麻雀を広める」
ことが一番なのかななんて思うけど、かなり無理そうだよねw・・・
ゲームとしてはとても面白いんだけどなぁー
スポンサーサイト

オレンジカップ

自分が一番よく行く雀荘(といっても1ヶ月に1度くらい)の「オレンジハウス 仙川店」で行われたオレンジカップに参加してきました。

半荘3回の成績の合計を競う大会で、参加者は30名くらい。

1、2回戦を終え、2連続トップの暫定3位!

しかし、3回戦
開幕から倍満に振り込み、東4局でトビで終了。
最終的に8位でした・・・(´゚'ω゚`)


この日は常連の人がたくさん来てたけど、オレンジハウスは本当にいい店だなぁと。

点5にしてはゲーム代やらトップ賞やらドリンク代やら色々と他店より割高なんだけど、メンバーは社員だったりバイトにしてもプロを目指す人とかでいい人ばっかり(そして強い)だし、客層は常連が多くいい雰囲気だし(そして強い)、お金があるならば頻繁に行きたい雀荘です。

来年の4月には、実家(横須賀)に帰ることになるので、最後にフリーの徹マンでもしたいですね。
自分の実力だと2万くらい溶けそうだけど・・・

久々の敗戦

最近はよく研修医に呼ばれ、ピンの麻雀を打ってます(;^ω^)
あまり大負けすることは無いんですが、今回は15k負け(´;ω;`)

5回半荘しか打ちませんでしたが、
・子の2巡目リーチに対し、場に1枚切れで自分が2枚持ちの字牌を切ってリーチ一発チートイ裏裏に放銃
・オーラス、トップと1万点差で4着の親、4巡目にメンピンドラドラの逆転手のリーチするも、10巡目に下家の追っかけリーチに一発で満貫振り込み
の2つが今回の敗因では決定的でした。

選択する余地のない不可抗力な展開でしたが、麻雀って得てしてこういう展開で勝負が決まりますよね。
渋いアガリなんかはある程度の面子になると意外と勝負に対する影響は小さい気がします。
まあ、最近はこういう理不尽な展開をなぜか上手く避けれていたので、今回はそれが収束したかなと(笑)

今回は5人で打ってたので、後ろで人の打牌を見る機会があったのですが、
牌効率や押し引きに劣る人が、今回は全く裏目を引かず、ミラクルツモ連発で2連トップを取っていった時は
まあホントに運ゲー、ギャンブルだなと改めて実感しましたね。
長い目で見れば収束するのでしょうが、そうとう長いスパンになりますからねぇ…

ツキの指標

麻雀は、実力よりも運が大きく影響するゲームとよくいわれてます。
では、その運が結果にどの程度影響しているのかの指標はあるのでしょうか?

その指標が有効であるには、出来る限り実力の要素が排除されてないといけません。

テンパイ時巡目は牌効率の実力が大きくモノをいいます。
ツモ率も、山読みなどの実力の要素があります。

個人的に、有効だと思う指標は今のところ以下の2つ

・配牌時シャンテン数
・配牌時ドラ数

配牌は実力ではどうにもなりません。
そして、現代的な麻雀で重要とされる「スピード」、これがないとどうにもならない「打点」
この2つがやはり結果に直結するかなぁと。

あとは統計的に、この2つの指標と結果の関係が、実力別でどの程度変化するかを解析すれば、運と実力の関係がある程度定量化できるのではないでしょうか。

自分にはそのような能力が無いので、その解析結果はお知らせできませんが・・・


なんでこんなことを書いたかというと、この前のセットで普通に負けたからですね(笑)
何もできずに一発ハネツモ親被りしたり、リーチが追っかけられて負けるのが8割くらいだったりすると、頭の中ではこんなことを考えているのですね。

女流プロ2

今日は連盟の某女流プロと同卓する機会がありました(^ω^)

卓は俺、70くらいの婆さん、65くらいの爺さん、俺、プロ。
女流といっても30は超えてそうなので、卓の平均年齢は40くらいでしょうか(笑)

東一局、俺が親で早い巡目で満貫ダマテン

東東東234678中 發發發ポン

中は序盤に2枚切れてて、巡目に余裕があるので、漢はダマって単騎!

が、中々出てこず、他家も赤絡みドラ絡みの鳴きで、手を進めてくる。
捨て牌が3段目に入り、初牌の北を掴む。上家(北家)のプロはダマで手を進めてるみたいだけど、これで当たっても嫌だし、アルティマ理論(牌が山に固まってる)や他家が掴んだらまず出そうということで、待ちを北に変更。

同順、プロがリーチ!
北切りで。

12000です。

プロ「あたしいま純チャン3色ドラ1テンパイだったんですよ~(><)」
俺「ああ、待ちを変えてよかったです(汗)。。。」

結局俺が断トツトップでプロ2着。


帰り道、婆さんと帰りが一緒になり、電車も一緒に乗ることにwwwww

婆「あのプロ、下手だね~。普通「あたしこんな手だったんだんですー」とか言わないよ。」
俺「wwwwwwwwwww」

その後、色々婆さんの女流DISを聞いたり、身の上話を聞いたりして(雀歴50年らしい)、お別れとなりました。
婆「また打とうね」


なかなか都内の若者が集まる雀荘では見られない光景ですな(笑)
Profile

Lancet1981

Author:Lancet1981
Welcome to FC2!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。