スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

400戦達成

poker2.jpg


porker1.jpg

途中で下の波が来ましたが、なんとか耐えてますw

注目すべきは$EV。これは期待値を表していて、実際の結果よりは実力を表すと言われてますが・・・

完全に上ブレ分が利益じゃねーか!www

いや、言い訳させてください。
たとえ$EVといえども、自分にクソハンドが連続して相手にいいハンドが連続したら、当然ですが低い$EVが出ます。最近はポケットが来ない来ない・・・
後は、たとえイクイティが低くても行かなければならない時はあります。
4人で争ってて下2人で争ってる時には後の展開を見据えて結構pushしますが、その場合ICMも低いので$EVは低くでるはず・・・
自分でも何言ってるのか分からなくなってきました。。。

上級者は復習の為にHRCのツールなんかで自分のプレイがナッシュからどれほど離れているかとかを毎回チェックしてるみたいですが、自分はあまりしてません。
らいつべのハイパーサテ配信をみているおかげか、ある程度のナッシュレンジでの押し引き感覚は自然と身に付いているみたいで、自分もHRCでチェックしてみましたが、そこまでナッシュからずれたプレイはしてないみたいです。
後は麻雀の押し引き感覚が結構役立ってるような気がします。

逆に、このマイクロレートだと、明らかにレンジから外れたプッシュ(-2.0以上)をしてくる外人も多数確認。
こういうプレイヤーに遭遇したら必ずメモにチェックしますね。

いくらナッシュといえども、相手のレンジがずれることを分かっていれば、それに自分も合わせる方が特になりますからね。
スポンサーサイト

BR2倍達成!

ハイパーサテ$3.75打ち続けて100ゲーム余り。。。

バンクロール(資金)2倍達成しました!

上ぶれてるだけかも・・・
winning.jpg

ハイパーサテ

ハイパーサテの$3.75にハマっています。

分からない人の為に簡単に説明すると、、、
平均3分くらいで$3.75が3倍になるか0になるかのゲームですw
基本オールインかフォールドのゲーム性なので、早い時は30秒で飛びますw

6名中1位と2位が同額の賞金獲得となるので、残り3人の時などは駆け引きがかなり熱いです。

かなり極めてる人はナッシュレンジを意識してプレイしてるみたいですが、まだそのレベルまでは行ってません。。。
(ナッシュはナッシュ均衡のナッシュ!映画「ビューティフル・マインド」のモデルになったジョン・ナッシュが考えだしたゲーム理論の基礎概念ですね。おそらくナッシュ均衡の概念が一番使われてるゲームがポーカーでしょう。)


このハイパーサテ、結果が荒れる事でも有名です。
仮に実力が全員等しいとして1/3で勝てると仮定しても、数百ゲームの範囲ではそりゃ荒れますよねw

現在、100ゲームもプレイしてませんが・・・
+$80くらいに上ブレてます(^ω^)

速攻で溶けていく気しかしませんがねw

porkerstars戦記

ネットポーカーのporkerstarsに絶賛ハマり中です。(;^ω^)

ゲームのタイプは大きく分けて2種類あって、
1つは毎回チップと同額のお金を賭けて遊ぶリングゲーム。
もう1つは、全員同じチップ量から始まり、最終的な順位によって賞金が決まるトーナメントゲームです。

どちらもそれなりにプレイしてみました。

トーナメントでは、中間地点では3位/70人くらいまでは行くのですが、最終的に20位くらいになって、参加料とほぼ同額の賞金になってしまうことが多いです。。。
トーナメントはリングゲームとは違い、期待値だけではない駆け引きの部分が大きいので、なかなかまだ馴れませんね(´・ω・`)

リングゲームですが、高いレートはまだ怖いので、一番低いレートで遊んでます。
リングゲームでは強さの指標として、〇BB/100handsというものがよく使われ、5BB/100が利益を出すための目標とされています。
今のところ自分は10BB/100なので、無双状態といってもいいのかもしれませんが、所詮は低レート。
1時間やって$1もいかないくらいですね・・・
徐々にレートを上げていきたいのですが、レートが上がれば強い人が増えるのも当然なので、どのくらいが適正レートなのか探っている状態ですね(^_^.)

ポーカーは強くなるためには、確率論を極めることはほぼ必須で、かなり細かい計算が必要となる場面が多々出てくるのですが、確率好きの自分にとっては面白く勉強できますね。
麻雀がゲームのあまりの複雑性によって、確率よりも経験に基づくアナログな判断が大事になってくるのと対照的です。



話変わってリアル麻雀ですが、このまえセットでまあまあ負けました。(TдT)
ポーカーをやってよく分かったのですが、徹マン程度のスパンの麻雀ではどうやったって荒れますよねw
1半荘にだいたい12局として、10半荘で120局。
ポーカーで120ハンドでクソ手が連発することなんて多々あります。

最近東風の雀荘に何回か行ったのですが、やってみると意外といいものです。
ダメな回だったら、「はい次」ってすぐ気持ちを切り替えられますからね。
また1本場が1500点なのも、あまりへこんでない人に希望を持たせるという意味でいいと思います。
半荘の早い時点で持ち点が10000切ったりするとほぼ無理ゲーになるのですが、その状態で4~50分プレイさせられるのは苦痛ですからねぇ。
雀ゴロ(絶滅危惧種だと思うけど)が東風で打つことが多いのは、やはり試行回数を増やせるからその分実力に収束しやすいというのがあるのかもしれません。
(それでも数日単位では全然収束しないで荒れるのは、福地先生が1ヶ月単位で100万負けたりすることからもよく分かりますw)

上の人に誘ってもらってピンで打つ機会が何回かあったのですが、最近負け続けということと、自分の財布事情がそこまで良くないことから、そろそろ誘いを断ってもいいかなと。。。
(生活に影響しない)ゲームと(生活に影響する)ギャンブルの境界線って言うのは、その人の経済状況によりますよね。
一時期は等価のパチンコパチスロよく打ってた時期もありますが、今では、自分はギャンブルがそこまで好きでもないような気がしています。
Profile

Lancet1981

Author:Lancet1981
Welcome to FC2!

Latest journals
Latest comments
Latest trackbacks
Monthly archive
Category
Search form
Display RSS link.
Link
Friend request form

Want to be friends with this user.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。